1. ホーム
  2. 教育・研究
  3. 刊行物
  4. 研究紀要
  5. 研究紀要もくじ

研究紀要

(H26.5.5更新)

『大阪歴史博物館研究紀要』 第5号(平成18年10月)

【論文】

  • 近畿地方出土三韓・三国系土器の再検討
  • 寺井 誠
  • スス・コゲからみた長原遺跡古墳時代中期の煮炊具の使用法-小型鍋(平底鉢)を中心に-
  • 大庭重信、杉山拓己、中久保辰夫
  • 鍵手文の盾 -文様から見た石上神宮鉄盾の出現背景-
  • 櫻井久之
  • 錦絵に描かれたアットゥシ-大坂へもたらされたアイヌ風俗-
  • 中野朋子
  • 戦時下大阪における女性建築家の育成 建築工芸技術研究所婦人建築研究部の卒業生への聞き取りを通して
  • 小川知子、酒井一光

【研究ノート】

  • 古代窯道具の基礎的検討-愛知県域を対象として-
  • 市川 創

【報告】

  • 長原遺跡(NG03-5次)・瓜破遺跡(UR00-8次)における畠状遺構の花粉分析および種実同定
  • 上中央子、大庭重信
  • 大阪歴史博物館所蔵の装飾大刀-その保存処理作業にともなって-
  • 加藤俊吾、伊藤幸司、福田さよ子

【史料・資料紹介】

  • 石川年足墓誌の発見と情報の伝播-関連史料の紹介を兼ねて-
  • 伊藤 純
  • 羽間家旧蔵「古銅戎器花生」について
  • 内藤直子
  • 新収河村家文書の慶長期史料-新出の本多富正納方通知状と大坂夏の陣軍功書-
  • 井上智勝
  • 十河節堂『展観録』について(一)
  • 岩佐伸一