1. ホーム
  2. 展示・イベント
  3. ニュース
  4. 長原古墳群の近年の発掘調査成果 写真展

(H30.6.12更新)

長原古墳群の近年の発掘調査成果

-大阪市教育委員会・大阪市博物館協会大阪文化財研究所による発掘調査 写真展-


長原221号墳

長原古墳群は、大阪市南東部の平野区長吉長原などの地域に分布する古墳群で、平成30年(2018年)5月現在で221基の古墳が見つかっています。

古墳群を構成する古墳の中で最大のものは、直径50mの円墳である塚ノ本古墳ですが、ほとんどは一辺15m以下の方墳です。また、現在地表に露出している古墳は1基もなく、すべて道路工事などの発掘調査によって地下から発見されたものです。よって、未発見のものを含めると、1000基を超えるかもしれません。

今回の写真展では最新の221号墳など、近年の長原古墳群の調査成果について紹介します。この機会に是非ご覧ください。

(寺井誠)

開催日時 平成30年6月13日(水)~9月10日(月)(予定)
会  場 大阪歴史博物館 1階 エントランス
参 加 費 無料

1Fエントランス