1. ホーム
  2. 展示・イベント
  3. ニュース
  4. ちょびっと体験「つくってあそぼう!オリジナル貝合わせ」

ちょびっと体験「つくってあそぼう!オリジナル貝合わせ」
(2020.1.10更新)

「貝合わせ」は、二枚貝の貝殻を組み合わせる遊びです。ハマグリなどの二枚貝は、ほかの組の貝殻とはけっして合わないという特性があり、「貝合わせ」は、二枚貝のそうした特性を利用した遊びとして親しまれてきました。
 大阪歴史博物館では、隔年に展示される雛人形の展示期間にあわせて、常設展示場内でハンズオン「「浪花百景貝合わせ」で遊ぼう!」を行っています。今年はそれらに加えてオリジナル貝合わせをつくる“ちょびっと体験”を開催します。

ちょびっと体験「つくってあそぼう!オリジナル貝合わせ」
日  時 令和2年2月22日(土)
(1回目)午前11時から12時(午前10時45分から受付)
(2回目)午後2時から3時(午後1時45分から受付)
会  場 大阪歴史博物館 1階 エントランスホール内  交通のご案内
担  当 中野 朋子(当館学芸員)
参 加 費 500円(ひとりにつきハマグリ1組の体験)
定  員 各回20名まで(当日先着順)
参加方法 当日直接会場へお越し下さい。
※どなたでもご参加いただけます。安全のため小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。

◆貝合わせの作り方◆

ハマグリ貝

[準備]
・ハマグリ貝を用意します。貝はぬるま湯でよく洗い、しっかりと乾燥させておきます。


ハマグリ貝

※貝を洗うとき、貝殻の外側にある、貝殻の接着部分(「外靱帯(がいじんたい)」)がとげとげしている場合がありますので、この部分で手を切らないように十分に注意しましょう。心配な場合には、ぬるま湯に浸けた際にこそげ落としておくと良いと思います。


金色に塗ったあと


・内側を好きな色のアクリル絵具で塗ります。もちろん、自然な白色のままでもOKです。


[今回の体験はこの工程から]

完成


・2枚の貝の内側にサインペン(水性顔料インク)等を使って絵を書いたり、シールを貼ったりして仕上げます。

※2枚の貝に同じような絵を描いたり、同じデザインになるようにシールを貼るようにすると、組み合わせて遊ぶ際にとてもわかりやすくなります。

参加者全員の完成品を並べて、貝合わせ体験をしましょう。