1. ホーム
  2. 展示・イベント
  3. 特別展
  4. 難波宮発掘開始70周年記念 大化改新の地、難波宮―古代日本のターニングポイント―

大化改新の地、難波宮―古代日本のターニングポイント―
(2024.4.24更新)

特別展「難波宮発掘開始70周年記念
大化改新の地、難波宮 ―古代日本のターニングポイント―」

令和6年7月5日(金)~ 8月26日(月)

大阪歴史博物館では、令和6年(2024)7月5日(金)から8月26日(月)まで、6階特別展示室において、特別展「難波宮発掘開始70周年記念 大化改新たいかのかいしんの地、難波宮なにわのみや―古代日本のターニングポイント―」を開催します。

山根徳太郎博士の主導によって難波宮跡の第1次発掘調査が始まったのは、昭和29年(1954)2月20日のこと。令和6年(2024)は、発掘調査がはじまって70年の節目の年にあたります。これを記念して、あらためて難波宮と、そのゆかりの「大化改新」にスポットを当てる特別展を開催します。

「大化改新」は誰もが知る古代日本の大きな政治改革です。大阪(難波なにわ)の地にあった難波宮はその改革の舞台であり、改革の結晶ともいえるものでした。見事に左右対称に設計された中枢部と正方位の区画、広々とした朝堂院といった新機軸のつくりが導入された難波宮を通じて、日本古代の国づくりの大きな節目を感じとることができるでしょう。本展では、こうした難波宮の画期性と「大化改新」とのかかわりを、70年にわたる発掘調査成果を中心に、周辺資料や伝承をまじえながら、分かりやすく様々な角度で描きます。



特別展「難波宮発掘開始70周年記念
大化改新の地、難波宮 ―古代日本のターニングポイント―」
主  催 大阪歴史博物館、一般財団法人大阪市文化財協会
後  援 NHK大阪放送局、公益財団法人大阪観光局
会  期 令和6年7月5日(金)~8月26日(月)
休 館 日 火曜日休館
※ただし、8月13日(火)は開館
開館時間 午前9時30分から午後5時まで
※ただし、入館は閉館の30分前まで
会  場 大阪歴史博物館 6階 特別展示室 交通のご案内
観 覧 料
●特別展観覧券
大   人 1,100(990)円
高 校 生 730(660)円
中学生以下 無料
●特別展・常設展共通券
大   人 1,590(1,530)円
高 校 生 1,060(1,020)円
中学生以下 無料

※( )内は20名以上の団体割引料金

※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料



オンラインチケット販売サイト『e-tix(イーティックス)』でも
ご購入いただけます。
【チケット販売期間】
2024年 6月14日(金)10:00 ~ 8月26日(月)16:30


展示資料数 約100件
展示構成 序 章 大化改新のイメージ-教科書で習う日本の古代-
第1章 押し照る難波-都ができる前-
第2章 大化改新-新たな国づくりの始まり-
第3章 難波宮の姿-ことごとくにふべからず-
第4章 律令制という制度-改新の行方-
終 章 古代から現代へ-発掘70年-
プレスリリースはこちら