1. ホーム
  2. 教育・研究
  3. 調査・研究(平成27年度)

調査・研究(平成27年度)

(H26.4.11更新)

大阪歴史博物館調査研究事業

1.共同研究
  • 堀田コレクションの研究
    加藤俊吾、船越幹央、佐久間大輔(大阪市立自然史博物館)、嘉数次人(大阪市立科学館)
    小野昌弘(大阪市立科学館)(※外部研究員)
  • 難波宮の官衙遺構についての基礎的研究
    栄原永遠男、李陽浩、村元健一、寺井誠、
    積山洋(大阪文化財研究所)(※外部研究員)
  • 鴻池家旧蔵名物裂についての研究
    中野朋子
2.基礎研究
  • 難波で発せられた改新詔にみえる駅制駅鈴をめぐって
    伊藤純
  • 大坂に関わる西国大名史料の基礎調査
    木土博成
  • 大阪と江戸・東京との都市比較史研究
    豆谷浩之

文部科学省科学研究費補助金による研究

  • 基盤研究(B)「部落」対策事業として始まった大阪府方面委員制度の全国化とその限界についての研究
    研究代表者:飯田直樹
  • 基盤研究(C)絵画制作者としての公家の基礎的研究-江戸時代中後期を中心に-
    研究代表者:岩佐伸一
  • 基盤研究(C)日本列島における出現期の甑の故地に関する基礎的研究
    研究代表者:寺井誠
  • 基盤研究(C)17世紀大坂の都市開発についての研究
    研究代表者:八木滋
  • 挑戦的萌芽研究 大阪における個別町・町内会機能の変容に関する研究:新たな近代都市論の構築をめざす
    研究代表者:飯田直樹
  • 挑戦的萌芽研究 近世近代大阪の産業マップ作成
    研究代表者:杉本厚典
  • 挑戦的萌芽研究 「天覧」でみる美術工芸振興についての研究-天皇行幸は地方に何をもたらしたのか-
    研究代表者:中野朋子

過去の調査・研究