1. ホーム
  2. 展示・イベント
  3. 特集展示

特集展示

(H31.3.20更新)

「特集展示」は、一、二ヶ月程度で入替えしていくミニ企画展です。常設展示だけではみなさんに伝えきれない沢山の館蔵品を通じて、考古・歴史・美術・民俗・芸能・建築などの様々な分野から大阪の魅力をお伝えします。

会場:8階(常設展示観覧料でご覧になれます)

2019年 3月20日(水)~ 5月6日(月・振休)

なにわ人物誌 三好木屑

近代大阪を拠点に活動し、いまなお大阪で愛される指物師・三好木屑(みよしもくしょう)(1874-1942)の事蹟を多彩な作品を通して振り返る初めての展覧会です。(中野)

詳細ページへ

2019年 5月8日(水)~ 7月8日(月)

新収品お披露目展

市民の皆様からのご寄贈により近年新たに館蔵品となった作品・資料のうち、その一部をお披露目いたします。(澤井)

詳細ページへ

2019年 7月10日(水)~ 8月19日(月)

「漣(さざなみ)」を生んだ風景
―近代水都大阪を描く―

大阪中之島美術館準備室所蔵の重要文化財「漣」(福田平八郎筆)や当館所蔵品から近代大阪の水都景観を振り返ります。(大澤)

2019年 8月21日(水)~ 10月14日(月・祝)

大阪商業大学×大阪歴史博物館
博学連携展vol.1 商都大阪の文化力

創立70周年を迎える大阪商業大学との“コラボ展示”です。大阪人の学び、遊びと楽しみをテーマに、商都大阪の文化力の高さを紹介します。(中野)

2019年 10月16日(水)2020年 1月6日(月)

新発見!なにわの考古学2019

平成30年度に大阪市内で行われた発掘調査の最新成果を、出土した数多くの遺物と調査地の写真パネルなどで紹介します。(寺井)

2020年 1月8日(水)~ 3月2日(月)

押絵「西国三十三所観音霊験記」と生人形

大阪でも人気を博した生(いき)人形興行ゆかりの押絵作品(熊本県益城町所蔵)が、平成28年(2016)の熊本地震で被災、修復されました。関係資料とともに一堂に公開します。(澤井)

2020年 3月4日(水)~ 5月11日(月)

発掘成果から考える
近世都市「おおさか」の食文化

近世に都市として栄えた「おおさか」の人々の食事情。食器や食べた痕跡などの発掘調査成果から考えます。(安岡)

過去の特集展示